ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

黄色い歯はホワイトニング歯磨き粉で白い歯に

歯のホワイトニングは歯磨き粉があればできる

 

ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

歯に自信がないと、人は積極的に振舞うことが難しくなります。人と話すときに口元に手を当ててしまう方は、歯の着色汚れを気にしているのかもしれません。接客、営業を仕事とする方は人からよく見られるので、特に歯をキレイにしておく必要があるでしょう。

本格的にホワイトニングをするなら、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングなどの方法がありますが、これらは審美歯科主導で行われるものです。自宅で手軽にできるケアを探している方には、ホワイトニング用の歯磨き粉をおすすめします。


top

ホワイトニング歯磨きは、バリスタ、ワインアドバイザー、ソムリエといった職業の人たちからも人気があります。こうした人は口内にニオイが残りにくいものを選ぶ傾向があります。最近はニオイが弱くても、しっかりとホワイトニング効果を期待できる歯磨き粉が登場しています。

歯を白くすることは自身のイメージアップにもつながるので、白くして損をすることは絶対にありません。口元は会話をすれば見られるからこそ、他の部位よりもこだわるべきと言えるでしょう。
doctor

ホワイトニング歯磨き粉 徹底比較

商品 成分 価格 効果

ホワイト3スター

◎
酸化チタン
◎
通常価格6,858円
◎
効果的にステインを落とす
詳細 酸化チタンのホワイトニングジェルが汚れを分解

ホワイトWスター

◎
酸化チタン
◎
通常価格5,800円
◎
安心の日本製
詳細 セルフホワイトニングで本来の歯の白さに近づける
スイーツWスター

スイーツWスター

◎
ヒドロキシアパタイトなど
◎
通常価格2,200円
◎
真っ白い歯に
詳細 味に配慮してあるオールマイティな商品
薬用パールホワイト プロシャイン

薬用パールホワイト プロシャイン

◎
メタリン酸Naなど
○
通常価格8,400円
◎
真っ白い歯に
詳細 ホワイトニングに最適な歯磨き粉で効果もそこそこあり、期待できる商品
スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケア

スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケア

◎
天然甘草成分配合
◎
約1,300円
◎
継続利用で効果
詳細 口内トラブルケアに役立つペーストで、地道にホワイトニング出来る。
ライオン ブリリアントモア

ライオン ブリリアントモア

◎
ピロリン酸Na他
◎
約1,000円
○
使いやすい香り
詳細 そこそこの安さで一般家庭でも使い始めやすいライオンのホワイトニング用品
Crest 3D White Luxe Whitestrips Professional Effects

Crest 3D White Luxe Whitestrips Professional Effects

○
シールタイプ
○
3,280円ほど
▲
使い方が難しい
詳細 ホワイトニング効果は大きいようだが、日本国内で入手しにくいのが難点
薬用オーラパール(Ora pearl)

薬用オーラパール(Ora pearl)

○
9種類有効成分
◎
約2,000円
○
継続が必須
詳細 ホワイトニング用品として有名だが、効果が出るまで時間がかかる。

ホワイトニング歯磨き粉 ランキング

ホワイト3スター

成分 5.0
価格 5.0
効果 5.0

 

おすすめポイント

自宅で簡単にホワイトニングができるホワイトニングジェル!!

セルフホワイトニングが自宅で簡単にできてしまう体に優しい商品です。簡単にホワイトニングできる秘密は酸化チタンのホワイトニングジェルと青色LEDライトの光触媒が汚れを分解するからです。
本来の歯の白さに近づけることが可能で、植物由来の商品です。ホワイトニング約14~20回分が専用ジェル2本文となります。

公式サイトはこちら

ホワイトWスター

成分 5.0
価格 5.0
効果 5.0

 

おすすめポイント

タバコやワイン・コーヒーで黄ばむ歯に効果的に活用が可能

過酸化水素などの刺激の強い成分は使用しておらず、しみるといったことはありません。

一日約15分程度で利用できるといった手軽さがポイントです。

費用が高くて諦めていた方も、時間がかからないホワイトWスターなら可能です。

公式サイトはこちら

ティラミス味の歯磨きが登場!【スイーツWスター】

スイーツWスター

成分 5.0
価格 5.0
効果 5.0

 

おすすめポイント

ホワイトニングを含め、歯周病予防や虫歯予防などいろいろな歯の症状に「予防や緩和」に役立つ商品です。

虫歯予防や歯の修復力の強化に配合している天然成分の成分のキシリットが役立ちます。
フッ化ナトリウムにより、歯垢の活動を抑えて歯質をUPします。歯周病予防に効果のあるグリチルリチン酸ジカリウムも配合しているため、殺菌・抗炎症作用を期待できます。
もちろんホワイトニングとしての役割もあり、ヒドロキシアパタイトが歯の黄ばみとなる原因を除去していきます。知覚過敏を防ぐ効果もあり、オールマイティに歯の環境改善へ効果が期待できるものとなっています。

公式サイトはこちら

薬用パールホワイト プロシャイン

薬用パールホワイト プロシャイン

成分 5.0
価格 4.0
効果 5.0

 

おすすめポイント

薬用パールホワイト プロシャインは、ホワイトニング専用の歯磨き粉で優れた美白作用があります。

歯の黄ばみ・黒ずみを予防するだけでなく、口臭や虫歯の予防もできるのです。ポリリン酸ナトリウムを含有することで、ステイン・歯石を強力にブロックしてくれます。

歯の着色汚れの最大原因はステインにあるため、ステインを付着させないことが何より大切となるでしょう。歯のコーティング作用があるため、磨くだけで汚れが付着しにくくなります。

一般的にホワイトニング用の歯磨き粉は歯を研磨するものが多いですが、薬用パールホワイト プロシャインにはハイドロキシアパタイトが含まれており、再石灰化を促進することができます。キシリトールが酸を抑えるなど、歯を丈夫にして虫歯を防ぐメリットも期待できるでしょう。

詳しくはこちら公式サイトはこちら

スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケア

スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケア

成分 5.0
価格 5.0
効果 5.0

 

おすすめポイント

スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケアは、歯を白くしながら歯周病も予防してくれる歯磨き粉です。

イオンクレンジング成分を配合することで、歯の汚れを浮き上がらせて除去しやすくします。歯のくすみを除去してツルツルにすることで、透明感を引き出すことができます。

歯の表面がツルツルになれば歯垢やステインが付着しにくくなるので、白い歯を維持しやすくなるでしょう。歯が黄色くなってしまう方は表面がザラザラしていることが多いため、ここから改善をしていく必要があります。

甘草成分は歯周病を予防するために役立つので、自宅で歯のメンテナンスが手軽に行えます。

詳細はこちら公式サイトへ

ライオン ブリリアントモア

ライオン ブリリアントモア

成分 5.0
価格 5.0
効果 4.0

 

おすすめポイント

ライオン ブリリアントモアはステイン除去に特化した美白歯磨き粉で、ピロリン酸ナトリウムが頑固なステイン汚れを浮かせて除去します。

コーヒーや紅茶をよく飲むという人は、ステインが付着しやすいので注意してください。歯を黄色や茶色に変えてしまうので、笑顔力にも影響してくるでしょう。

人前でうまく笑えないという人は、歯にコンプレックスを抱えていることが少なくありません。黄色汚れは普通の歯磨き粉では落としにくいので、ライオン ブリリアントモアでキレイにしていきましょう。歯がキレイだと得をすることが多いですが、損をすることは絶対にありません。

詳細はこちら公式サイトへ

6Crest 3D White

Crest 3D White Luxe Whitestrips Professional Effects

成分 4.0
価格 4.0
効果 3.0

 

おすすめポイント

Crest 3D White Luxe Whitestrips Professional Effectsは、アメリカ人が愛用しているホワイトニング用品として有名です。

アメリカは歯に対する意識が高く、日本とは比較になりません。歯並び、色には非常にこだわりますし、実際に成功者のほとんどは歯並びがよいという現実があります。

アメリカでは歯が汚れていると成功できないとまで言われているのです。歯に貼っておくだけで白くしてくれるという画期的なアイテムであり、日本でも販売されています。早ければ3日で実感できるので、楽をして白くしたい方に最適でしょう。

詳細はこちら

7薬用オーラパール(Ora pearl)

薬用オーラパール(Ora pearl)

成分 4.0
価格 5.0
効果 4.0

 

おすすめポイント

薬用オーラパール(Ora pearl)は、口腔環境をまとめて改善できる画期的な歯磨き粉です。

加齢によって歯がくすみやすくなり、黄色や茶色が目立つようになります。こうした着色汚れをキレイにするためには、くすみから解消していく必要があります。

エナメル質に凹凸が発生するとくすみの原因となりやすいため、常にツルツルにしておく必要があるのです。肌を例にするとよくわかりますが、毛穴が開いていると皮脂・角質などの汚れが溜まりやすいでしょう。

毛穴が引き締まってツルツルした肌のほうが、美白を維持できるのは間違いありません。歯の表面をツルツルにしたい方は、薬用オーラパール(Ora pearl)を使用してください。

詳細はこちら公式サイトへ

審美歯科でのホワイトニング施術は、すでに着色汚れが発生している人をターゲットにしています。生まれたときの歯の色が、本当の歯の色と考えてよいでしょう。

くすみが発生してしまう人は、日々のケアに問題があると言えるでしょう。加齢によって着色した歯は、ホワイトニング用歯磨き粉を使用することで本来の白さに戻すことができます。

普通の歯磨き粉から乗り換えるタイミングですが、これは歯が以前より黄色くなったと感じたときです。歯の表面に凹凸が発生し、汚れが付着しやすくなっています。ホワイトニングケアは早目に行うことが歯を着色させないコツなのです。


01

市販のホワイトニング用歯磨き粉には研磨剤が多く含まれているものがありますから、使用して歯がヒリヒリすると感じたら中止しましょう。研磨剤が多いものは知覚過敏を招くことがあるため、低刺激タイプに変えてください。歯を元気にするためには、毎日のブラッシングが基本となります。

1日3回のブラッシングが好ましいですが、それが無理なら朝食と夕食後に磨くのがよいでしょう。正しい歯磨きの方法を覚えておくことが、ホワイトニング効果を高める上で大切です。歯を磨いたあとはなるべくお茶を飲まないようにするのも歯を白く維持するコツです。

ホワイトニングはどれを選ぶ?

top-01白く輝く美しい歯って憧れですよね。笑ったときに見える歯の輝きはもちろん、日頃他人と会話する中でも、歯って意外と見られていますし、人の印象を大きく左右する要素であることは間違いありません。

しかし、毎日どんなに丁寧に磨いていても、歯のくすみや黄ばみは気になるものです。

それもそのはず、日常的に口にするコーヒーやワイン、その他等の食品には特に歯を着色しやすいものもあり、歯の黄ばみという悩みは誰しも避けて通れない問題です。また、生まれつき歯が黄色っぽいという人もいます。

もし自宅で白い歯を手軽に手に入れることができたら、口元にも自信を持てるようになりますよね。今回は、数多くあるホワイトニングケアの中から、悩みや希望ごとにどのような商品を使うのが効果的なのか、各商品の違いを説明しつつオススメしていきたいと思います。

各歯のホワイトニングの違い

まず、ホワイトニングには大きく分けて2つのタイプがあると言えるでしょう。一つは、歯についた着色汚れを取り除いてくれるタイプ、もう一つは漂白作用を持つ薬剤によって、歯そのものを漂白するタイプです。

基本的に、薬局で売られているホワイトニング効果に特化した歯磨き粉は前者で、歯医者で受けられるオフィスホワイトニングは後者となります。

というのも、漂白作用を持つ薬剤(過酸化水素)は、アメリカでは歯磨き粉に入っているほど一般的なのですが、日本では薬事法によって過酸化物を歯磨き粉に添加することは禁じられており、そういった薬剤は歯科医院等医療機関でのみ使用が認められているからです。


02

とはいえ、最近では個人輸入という形で外国製のホワイトニング剤を入手することもできるようになりました。このタイプのものは、歯そのものの色を白くしてくれるので、生まれつき歯が黄味がかっているという方にもオススメです。

逆に、歯の着色を取り除いてくれるタイプのホワイトニング商品の場合は、歯を黄ばむ前の状態に戻してくれるものなので、生まれつきの歯の色よりも歯を白くすることはありません。
目的に応じてこれらを使い分けるのがオススメです。

各歯のホワイトニングの比較

top-02それでは、いくつか商品を取り上げて、その効果や働き方を比較してみたいと思います。

前項でホワイトニングには着色汚れを取り除いてくれるタイプと、漂白作用を持つ薬剤により歯そのものを漂白するタイプの2種に分けられると説明しました。

今回オススメする商品のうち、薬用パールホワイト プロシャイン、スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケア、ライオン ブリリアントモア、薬用オーラパール(Ora pearl)は前者の着色汚れを取り除いてくれるタイプに該当します。

中でも、薬用パールホワイト プロシャイン、ライオン ブリリアントモア、薬用オーラパール(Ora pearl)は馴染みのあるチューブ型の歯磨き粉で、日頃使っている歯磨き粉と置き換えるだけで手軽にホワイトニングを始めることができます。

スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケアは、チューブ型の練り歯磨きではなく、ホンプ型の容器に入ったペーストですが、これも働きは他の3つと同様です。

これら4つの商品の特徴をさらに細かく見てみましょう。基本的な効果は比較的似ていますが、含まれている成分にその違いがあります。

薬用パールホワイト プロシャインと薬用オーラパール(Ora pearl)には「薬用ハイドロキシアパタイト」という成分が含まれており、これには歯の汚れを擦り落としながら歯の表面の目には見えないミクロな傷を滑らかに修復し、飲食物の汚れをつきにくくしてくれる働きがあります。

薬用パールホワイト プロシャイン、ライオン ブリリアントモアとスマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケアはそれぞれ「ピロリン酸」、「ポリリン酸」という成分が含まれています。これらは歯の汚れ(ステイン)と歯の合間に入り込んで、汚れを浮かせてくれる効果があります。

最後に紹介するCrest 3D White Luxe Whitestrips Professional Effectsは、これら4つとまったく異なり、漂白作用を持つ薬剤により歯そのものを漂白するタイプの商品です。

これはテープ状の薬剤を一定時間歯に貼りつけて歯を漂白するという、歯磨き粉とはまったく異なるアメリカ製の商品で、日本では販売されていないものとなりますが、現在は通販の個人輸入という形で入手することが可能となっています。

歯のホワイトニングごとのメリット

top-03前項で説明した練り歯磨き状の商品は手頃な値段で、毎日の歯磨きに使用することができ、忙しい方でも新たにホワイトニングのための時間を取る必要がないため、手軽にホワイトニングを始めることができます。

歯の表面のざらつきや食品による日常的な着色が気になる場合には、「薬用ハイドロキシアパタイト」の含まれる商品を利用して歯の表面をなめらかに整え、ホワイトニングしながらさらなる着色を予防するのもよいでしょう。

ただし、研磨剤が使用されている商品を使用してゴシゴシと強く歯を擦りすぎることは、歯のエナメル質を損なうおそれがあるため、過剰な力を込めての歯磨きや歯磨きのしすぎは避けるようにしましょう。

薬用パールホワイト プロシャイン、スマイルコスメティック ホワイトニングペーストトラブルケア、薬用オーラパール(Ora pearl)には歯肉炎、歯周炎を防ぐ効果もあるので、ホワイトニングだけでなく歯や口腔内の健康が気になる場合にも最適です。

Crest 3D White Luxe Whitestrips Professional Effectsは、歯磨き後にホワイトニングのための工程を必要としますが、上記のものと比べると極めて強力なホワイトニング効果を期待できます。

汚れを取り除いてくれる歯磨きで汚れを除去したけれど、さらに白い歯を目指したい、生まれつきの歯の色をもっと白くしたいという場合には効果的な商品であるといえるでしょう。

歯のホワイトニングごとにどんな人におすすめか

top-04タバコのヤニや、食品、コーヒーやワイン等による歯の着色が気になる方は、まず着色汚れを取り除いてくれる商品から試すことをおすすめします。日常の歯磨き時に使用するだけでいいので簡単です。

新たな着色汚れを防いでくれる効果のあるものもあり、ホワイトニングと黄ばみの防止を同時に行うことができます。黄ばみや着色汚れが気にならなくなるだけでも歯のトーンはぱっと明るくなりえますし、笑顔や口元の印象も変わることでしょう。

このような商品を試してもホワイトニング効果に満足できない方、既にホワイトニング効果のある歯磨きを使用しているけれどさらに白い歯を目指したいという方には、Crest 3D White Luxe Whitestrips Professional Effectsなど、外国製のホワイトニング商品をおすすめします。

歯科医院でホワイトニングを受けることに比べてかなり安く、大きな効果を得ることができます。しかし、個人輸入の場合、使用後に何かトラブルが起きても自己責任となるので注意が必要です。

また、知覚過敏や虫歯がある場合は薬剤がしみたり痛みが出る場合もあるので、使用法を守り、少しずつ様子を見ながら試すことをおすすめします。

  • 記事作成者

    記事作成者:木下仁菜子

    木下仁菜子の経歴:20代の時に歯科医院の受付を経験。
    28の時に結婚し現在は主婦。息子1人。
    ホワイトニングは歯科医院の受付時代に勉強しました。
    現在でも歯のケアには気を付けています。

pagetop