ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

黄色い歯はホワイトニング歯磨き粉で白い歯に

歯を黄色・黒くしてしまう原因は?食べ物・生活習慣まとめ


歯を黄色・黒くしてしまう原因は?食べ物・生活習慣まとめ

原因1:コーヒー・紅茶

好んでこのような飲み物を飲んでいる人は危険信号かもしれません。
コーヒーにはクロロゲン酸という黒い色素が含まれています。
この色素は色が残りやすい性質があるので、歯に色素がついてしまう可能性が高いのです。

特に、コーヒーを飲みながら煙草を吸う人はより強く色味がついてしまうので、こまめにケアしていかないとすぐに黄色い歯になります。

紅茶にはタンニンという色素が豊富にあります。
人の唾液にはカルシウムや金属イオンなどが含まれているので、唾液と結びつくことでタンニンはステインという着色汚れに変化してしまうのです。
カレーも歯を黄色くする原因として知られています。
カレーが白い服につくと落としずらいように、歯に付いたカレーの色素も落としずらいのです。
同じくらい落ちづらいのは、赤ワインやブルーベリー・チョコレートに含まれているポリフェノールです。
ワインを飲みながらチョコレートを食べる人もいますが、歯が黄色くなるのでこまめにケアをした方がいいでしょう。
意外と緑茶のカテキンも色素沈着をする原因物質なので要注意です。
ケチャップ・ソース・醤油にも歯の色を変える成分が含まれていますし、大豆や緑黄色野菜もイソフラボンやポリフェノールで歯の色を変えてしまいます
ナッツ類に関しては、大昔はインクの材料だったことからもその色素の強さがうかがえます。
これらの食べ物を食べないことはほぼ不可能と言っていいでしょう。
大事なことは、これらの食べ物を口にした後は、ちゃんと歯磨きをするか、水で口をゆすぐだけでも大丈夫なので、きちんとケアする努力をすることです。

原因2:喫煙

飲食物と同じように、タバコのヤニ汚れも歯が黄色い原因になります。
タバコの成分の中のタールという成分が歯を黄色くしてしまう成分です。
タールはもともと真っ黒で発がん性物質を持っています。
健康診断や健康増進番組などで喫煙者の肺という真っ黒な肺を見たことがある人もいるかと思いますが、あの黒色が本来のタールの色です。
しかし、多くの人は薄い黄色に着色されます。
喫煙室の壁やガラスが黄ばんでいるのを見たことがありませんか?
タバコのヤニ汚れは、歯だけでなく部屋の壁紙も黄色く変色させるので、
部屋では吸わない喫煙者もいるくらいなので、その着色の強さが分かるかと思います。
しかも、タバコはニオイも強いので、周囲の人に不快な印象を与えることにもなります。
よほどの事情がないかぎり、喫煙はしない方が歯のためにも健康のためにもいいのではないでしょうか。
しかもそうしてついてしまった着色汚れは、毎日の歯磨きでは落ちてくれません、研磨剤入りの歯磨き粉で丹念に磨き上げるか、歯医者さんで超音波を使ってクリーニングする他はありません。

原因3:歯石

実は歯石には2種類あります。
皆さんが想像する歯石は少し黄色いものだと思いますが、黒い歯石も存在します。
本来、歯石はできる部分によって色が違います。
歯茎の上にできる歯石は黄色で、歯茎の下にできる歯石は黒い色をしているのです。
歯茎の下に隠れていた黒い歯石が、歯周病などで歯茎が下がった時に見えることがあります。
黒い歯石が見えた時は、それだけ歯周病が進行してしまったということになりますので、気を付けてください。
自分で歯医者さんが使っているスケーラーという道具を使って歯垢除去をしようとしてもなかなかうまく取ることができないうえに、
スケーラーで誤って歯茎を傷つけてしまうかもしれませんので、歯医者さんがスケーラーと併用して使っている超音波スケーラーで歯石を砕きながら取る方法が適しています。
しかも、一番取りたい歯茎の中の歯石が取れないので、あまり自分でやるメリットはないかもしれません。
歯医者で歯石の除去をしてくれるのは、国家資格を持っている歯科衛生士の人です。
歯科衛生士はできるだけ痛みが少なく、取り残しがないように歯石を除去してくれます。
自分でやってみると、歯科衛生士の凄さが実感できると思います。
ホワイトニングは歯石を除去した後にやると効果的ですので、ぜひお勧めします。

原因4:乾燥

口の中が乾燥してしまい唾液が少なくなると、歯の黄色い着色汚れを落とす機能が弱まってしまいます。
唾液にはエナメル質に付着した黄色い着色汚れを洗浄する働きがあるので、乾燥はその機能を弱めてしまうのです。
ドライマウスと呼ばれる、唾液が減少する原因は病気である可能性もあります。
ドライマウスの主な原因は、服用している薬が口内を乾燥させやすいものであったり、
柔らかい食べ物を好むために噛む力が弱くなり唾液腺からの分泌が低下していることも考えられます。
常に緊張している人も、自律神経が交感神経優位となり唾液の分泌が抑えられてしまい口が乾燥しがちです。
鼻炎持ちだったりして鼻詰まりが原因で口呼吸が多くなると、口も乾きやすくなります。
中高年の女性に多くみられる自己免疫疾患の一つのシェーグレン症候群はドライマウスだけでなく、
ドライアイや関節リュウマチも併発する可能性があるので、口が乾燥するだけだと侮ってはいけません。
最悪、歯が乾燥してひび割れてしまうかもしれないのです。
着色汚れだけならまだしも、割れてしまったりかけてしまったりしたら、見た目としても最悪です。

原因5:歯の磨きすぎ

毎日間違った方法でブラッシングをしていると歯のエナメル質が削れてしまい、中の象牙質の色が透けて見えるため、歯が黄色く見えてしまいます
歯をきれいに磨こうと、粗い研磨剤が入った歯磨き粉で磨いていると、日々エナメル質が削れていって、
余計気になる色になって、さらに研磨してしまうといった悪循環にもなります。
真剣になりすぎて力を入れすぎたりしても同じことが起こります。
着色汚れが付きやすい食品を食べた時は思わず一生懸命磨いてしまいますが、力加減も頻度もほどほどが重要です。
もしステインが気になるようなら、色の濃いものを食べた後はうがいをすることでも軽減できますので試してみてください。
予防するだけでは不安なのであれば、歯科医のホワイトニングを受けるのもおすすめです。
白い歯は気持ちよくしてくれて、自分の気分も上がるかもしれません。

原因6:エナメル質の薄さ

最近では、欧米の人も観光や留学で増えてきて、いよいよ国際化が本格的になったこの国ですが、
欧米や北欧の人は、とても歯が綺麗だと思いませんか?
アジア圏の人と比べて、明らかに歯が白いのです。
歯は、エナメル質、象牙質、神経が主な組織となっています。
この中でエナメル質は歯の一番外側で、体の中で一番の強度がある組織です。
エナメル質自体は半透明なので、その下にある象牙質の黄色味を帯びた組織の色が透けてしまうのです。
欧米の人は、エナメル質が厚いので、象牙質の色にあまり影響を受けずに綺麗な白色を維持できていますが、
日本人も含め黄色人種はエナメル質が非常に薄いので象牙質の色に影響されやすいのです。
さらに白人はそもそも色素が薄いので、象牙質の色味も薄く、透けても黄色には見えません。
黒人は肌の色が濃すぎるために、色の対比でたとえ黄色人種と同じ歯の色だったとしても白く見えるのです。
そのような原因から、日本人は歯が黄色くなりやすいと考えられます。
しかし、それ以上に気になるのは、オーラルケアの意識の違いです。
アメリカでは、76%の人が虫歯などのトラブルがなくても口内環境を維持するために歯医者に行くという意識がありますが、
日本人は、歯医者は虫歯などの口内トラブルを治しに行くという意識が強いですよね。
歯並び矯正も、そんなに盛んではないように思われます。
ですが、かみ合わせが悪かったりずれていることで、体のバランスにも影響が出てきます。

最近では予防歯科も浸透し始めたので、このまま意識を高く維持していくことが重要なのではないかと思います。
綺麗な歯並びの外国の人たちに、黄色い歯のままで笑顔を向けることに躊躇いが起きたりしないでしょうか。
オーラルケアの意識の高い外国の人たちに、最高のスマイルができるように、今からでも遅くないので、歯の色だけは白くした方がいいと思われます。
黄色い歯は不潔にも見えますし、その色だけで臭いまで想像されては第一印象がガタガタになってしまいます
白い歯は、自分の自信にもつながりますし、もっとあなたを魅力的に見せてくれるのではないでしょうか。

  • 記事作成者

    記事作成者:木下仁菜子

    木下仁菜子の経歴:20代の時に歯科医院の受付を経験。
    28の時に結婚し現在は主婦。息子1人。
    ホワイトニングは歯科医院の受付時代に勉強しました。
    現在でも歯のケアには気を付けています。

pagetop