ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

黄色い歯はホワイトニング歯磨き粉で白い歯に

ホワイトニング用のおすすめ歯磨き粉

ホワイトニング用のおすすめ歯磨き粉

 

「歯が黄ばんでいるのを何とかしたい」「クリニックのホワイトニングに行きたいけどお金が。。」など、歯を白くしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。歯が白く美しくなれば、人へ与える印象も大きく変わってきます。

ここでは、比較的リーズナブルな価格で白い歯を目指せる、ホワイトニング用のおすすめ歯磨き粉について紹介しています。

クリニックでの施術より手軽な価格ですし、自分のペースで取り組むことが可能です。歯の黄ばみ汚れが気になる方は、ぜひ参考にしてください。

ホワイトニングとは?

まずは、ホワイトニングがどのようなことを指すのか、そして何が原因で歯が黄ばむのかなど、ホワイトニングをするうえで知っておきたい基本情報について見ていきましょう。

これらを把握しておくことで、ホワイトニングへの理解が深まり、予防や対策もしやすくなります。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を白くする技術のことです。歯を削ったり傷めたりすることなく、専用の薬を使って黄ばみを落とし白くします。笑ったときに歯が黄ばんでいるのと真っ白なのとでは全然イメージが違ってきます。

  • 成人になるため
  • 就職活動で清潔なイメージを与えたいため
  • 結婚式があるため
  • 加齢によって歯が黄ばんできたため
  • 人前に出る機会が多いため

など、歯が人に与える印象は大きいため、このようなタイミング・きっかけでホワイトニングをする人も多いです。

なぜ歯が黄ばむのか?

何が理由で歯が黄ばんでしまうのか、しっかりと理解しておくことが、白い歯をつくる第一歩です。歯が黄ばむ大きな原因となるのが、日々口にする食べ物・飲み物による色素沈着です

  • タンニン:赤ワインや紅茶など
  • クルクミン:カレーなど
  • カテキン:緑茶など

このような成分が着色の原因になっています。そして、これらの成分は、美容や健康のために摂取する人も多いポリフェノールの一種です。ポリフェノールはタンパク質と組み合わさることで歯の黄ばみへと変わってしまいます。

また、これらの成分だけでなく、喫煙者の方はタバコのヤニによって黄ばみ汚れが付く可能性があるため注意が必要です。

日々の飲食や喫煙によって、歯が黄ばんでしまう可能性があることを理解しておきましょう。

クリニックでのホワイトニング

クリニックでのホワイトニングはオフィスホワイトニングとも呼ばれ、歯の状況に合わせて
プロの歯科衛生士が施術をしてくれます。歯の表面に専用の薬を塗り、光を照射します。1回の施術でも白くなりやすいなど、効果が高いのがクリニックでのホワイトニングの特徴です。

ただし、安くても5,000円程度、高いクリニックだと5万円程度するなど、費用が高いためなかなか気軽に利用することができません。

自宅でのホワイトニング

クリニックでのホワイトニングだと多額のコストがかかる可能性があるため、多くの人が自宅でホワイトニングをしています。自宅でのホワイトニングと言っても、何か難しいことをするわけではありません。

ドラッグストアやWebサイトなどでホワイトニング用歯磨き粉を購入して丁寧に歯磨きをするだけです。

この方法であれば、クリニックでのホワイトニングより効果は小さいものの、コストを抑えられるため、無理なく自分のペースで続けていくことができます。

ホワイトニング用歯磨き粉について

ホワイトニング用歯磨き粉とは、その名の通り、ホワイトニング効果のある歯磨き粉です。ホワイトニング用歯磨き粉を使用すれば、自宅にいながらケアができ、白い歯に近づくことができます。

日本国内では市販の歯磨き粉に歯を白くする過酸化水素を配合することはできませんが、着色汚れの原因となるステインの除去や付着の防止、白い歯をキープする有効成分などが入っているため持続することで効果が期待できます。

歯磨き粉選びのポイント

いざ、ホワイトニング用歯磨き粉を買おうとしても、どれを選んでいいのかわからず困っている人も多いことでしょう。

事前に、ホワイトニング用歯磨き粉選びのポイントを把握しておけば、自分に合った商品を選びやすくなります。

ここでは、ホワイトニング用歯磨き粉選びのポイントについて紹介していますので、一つひとつ確認していきましょう。

【着色汚れを落とす】ポリリン酸ナトリウムが入っているか

ホワイトニング用歯磨き粉を選ぶ際のポイントの1つが、ポリリン酸ナトリウムが入っているかどうかです。ポリリン酸ナトリウムは、歯の汚れや着色を落とすだけでなく、歯をコーティングして再付着を予防する効果が期待できる成分です。

そのため、歯の黄ばみや汚れが目立つ場合には、ポリリン酸ナトリウムが入った歯磨き粉を選ぶといいでしょう。

すべての黄ばみ・汚れを落とせるわけではありませんが、比較的効果が期待でき、かつ、予防にもなります。

また、ポリリン酸ナトリウムには、短鎖ポリリン酸・中鎖ポリリン酸・長鎖ポリリン酸などが存在しますが、着色汚れを落とす力が強いのは短鎖ポリリン酸です。

【着色汚れをつきにくくする】ハイドロキシアパタイトが入っているか

着色汚れを落としたい方はポリリン酸ナトリウムに注目したいですが、着色汚れの付着を防ぎたい人はハイドロキシアパタイトに注目しましょう。

ハイドロキシアパタイトは、歯の表面にある微小欠損を充填し、初期むし歯を再石灰化、そして、歯垢の吸着除去などの効果があります。そのため、歯垢や着色汚れをつきにくくし、美しい歯をつくることが可能です。

研磨剤や発泡剤が少ないか

ホワイトニング用歯磨き粉を選ぶ際のポイントの1つが、研磨剤や発泡剤が少ないかどうかです。研磨剤が多く含まれている歯磨き粉だと、歯の表面を傷つけてしまう可能性があります。歯の表面が傷ついてしまうと、歯が白くなるどころか余計に着色汚れがひどくなってしまう場合があります。そのため、研磨剤は少ないものを選ぶようにしましょう。

また、発泡剤が多いと泡立ちが良すぎるため、しっかり磨いたと勘違いをしてしまいます。普段から丁寧に磨けている人は問題ありませんが、そうでない人は発泡剤が少なく泡立ちが控えめなものを選ぶといいでしょう。そうすることで一本一本丁寧に磨くようになるためです。

研磨剤や発泡剤が多ければ悪いということではありませんが、はじめて自宅でホワイトニングをする方は少ない方がおすすめです。

価格は問題ないか

ホワイトニング用歯磨き粉は商品によって価格帯が異なります。1,000円未満で購入できる歯磨き粉もあれば、5,000円程度する商品もあります。

ホワイトニング用歯磨き粉は継続して使用することで効果を発揮するため、1ヶ月〜2ヶ月程度でなくなり、新しいものを購入しなければなりません。

場合によっては大きなランニングコストとなってしまうため、継続して購入しても問題がない価格か先のことも考えて判断をしましょう。

ホワイトニング用歯磨き粉ランキング

ここでは、比較的リーズナブルな価格でありながら効果も期待できる、ホワイトニング用歯磨き粉ランキングを紹介します。

いずれの製品も人気があり、好みや使う人によって感じ方は異なりますが、歯磨き粉を選び際の参考にしてください。

1.ルシェロホワイト

ルシェロホワイトは、弱アルカリ性で歯の表面に付着したステインを浮かし、きめ細やかなLime粒子によって落とします。また、ポリエチレングリコール(PEG)400の成分が含まれているため、タバコのヤニを溶解除去することも可能です。モノフルオロリン酸ナトリウム(フッ素)950ppmによって、再石灰化を促進するため、虫歯を予防します。香味はピュアミントで、1本あたり1,700円〜2,000円程度になっています。

Amazonや楽天市場など、大手通販サイトで購入することも可能です。

2.はははのは ホワイトニングジェル

はははのはホワイトニングジェルは、製薬会社との共同開発により実現した、高いホワイトニング効果が特徴の歯磨き粉です。研磨剤や漂白剤、発泡剤、着色料、合成界面活性剤すべて不使用の無添加歯磨き粉となっています。

ポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムによって歯に付着したステインを浮き上がらせて、パパイアから抽出される酵素パパインが汚れにアプローチします。洗浄作用に優れた成分ソープナッツが歯の汚れに入り込み流します。

はははのはホワイトニングジェルは、体にやさしい植物成分にこだわっているため、安心して毎日使用することが可能です。

オリーブ油、キューカンバーエキス、アルテアエキス、アロエエキス、セージエキス、ローズマリーエキス、ホホバ油など、完全無農薬の10種類のオーガニック成分を使用しています。

無添加のホワイトニング用歯磨き粉を使用したい場合におすすめの商品です。価格は1本あたり3,000円程度となっています。

3.アパガードプレミオ

アパガードプレミオは、独自成分であるナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトを1.4倍高配合としています。薬用ハイドロキシアパタイトは、むし歯の原因となる歯垢を吸着除去して、歯の主成分であるハイドロキシアパタイトを補給、エナメル質の欠損部分を修復・再石灰化することでむし歯を予防し、歯を白くします。

目に見えない傷も埋めて歯を滑らかにし、エナメル質から溶け出したミネラルを補給するため、歯を丈夫にすることが可能です。容量により価格が異なりますが、1本あたり900円〜1,400円程度となっています。爽やかなミント系の匂いです。

4.DENTAL BEAUTY CARE

DENTAL BEAUTY CAREは、やさしさと健康にこだわり、次の6種類のオーガニックハーブエキスを配合しています。

  • ノコギリソウ:消炎作用
  • キューカンバー:保湿作用
  • ノバラ:ひきしめ作用
  • セージ:抗炎症・殺菌作用
  • セイヨウサンザシ:血行促進作用
  • ローズマリー:殺菌作用

DENTAL BEAUTY CAREは研磨剤を一切使用しておらず、ポリエチレングリコールが歯に付着したステインを浮き上がらせ、ゼオライトが歯石の沈着を防止し、清掃剤であるパール末が歯に輝きを与えます。歯の表面をしっかりとコーティングもするため、ステインの再付着も防ぐことが可能です。価格は1本あたり1,200円程度となっています。

5.Pearl White Pro Shine

Pearl White Pro Shineは、ポリリン酸ナトリウムで歯の汚れを落とし、表面をコーティングもするためステインや歯石の再付着を防ぎます。また、ハイドロキシアパタイトがナメル質の欠損部分を修復・再石灰化し、むし歯を予防します。

さらに、イソプロピルメチルフェノールによって、歯周病予防や口臭を防ぎ、口内環境を整えて清潔感のある爽やかな息をつくります。120gであれば2,000円程度です。

歯のホワイトニングだけでなく、口内環境も整えたい方におすすめの歯磨き粉です。

6.To Be Whiteデンタルペースト

To Be Whiteデンタルペーストは、研磨剤や着色剤不使用のホワイトニング用歯磨き粉で、リニューアル前の製品に比べ美白成分が約200%もアップしています。洗浄剤であるメタリン酸ナトリウムや清掃剤のベントナイトにより、歯の沈着汚れを除去してコーティングすることで、再付着を防ぎ本来の輝く白い歯へと導きます。

また、ローズマリーエキス、セージエキス、オトギリソウエキスの3種類の歯に優しいハーブも配合しており、美白+口臭予防の効果が期待できる歯磨き粉です。1本あたり1,000円程度で販売されています。

7.オーラパール

オーラパールには、歯の汚れをとり丈夫にするハイドロキシアパタイトや歯周病予防の塩化リゾチーム、歯ぐきを引き締める効果がある塩化ナトリウム、抗炎症作用があるアミノカプロン酸など、他にもグリチルリチン酸、ゼオライト、マクロゴール400、塩化セチルピリジニウム、イソプロピルメチルフェノールなど9種類もの有効成分が配合されており、輝く美しい歯や健康な歯ぐき、爽快な息へと導きます。

ナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトがむし歯の原因となる歯垢をからめとり、ミクロな傷を埋めて滑らかにし、ミネラルを補給します。そうすることで、歯垢や着色を防ぐことができ、歯の白さと健康をつくります。歯の白さを取り戻し、白い状態を維持できるホワイトニング用歯磨き粉です。1本あたり2,000円程度となっています。

まとめ

今回はホワイトニング用のおすすめ歯磨き粉について紹介いたしました。ホワイトニング用歯磨き粉であれば、クリニックで施術をするよりも低コストで白い歯を目指すことができます。

もちろん、結果が出るまでにある程度の時間はかかりますので、根気強く続けていくことが大事です。

気になる歯磨き粉があれば、ぜひ試してみてください。

  • 記事作成者

    記事作成者:木下仁菜子

    木下仁菜子の経歴:20代の時に歯科医院の受付を経験。
    28の時に結婚し現在は主婦。息子1人。
    ホワイトニングは歯科医院の受付時代に勉強しました。
    現在でも歯のケアには気を付けています。

pagetop