ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

ホワイトニング出来るおすすめ歯磨き粉

黄色い歯はホワイトニング歯磨き粉で白い歯に

歯が黄色い人の印象

歯が黄色い人の印象

初対面の人と会った時、人は顔の第一印象でどういう人かを認識するそうです
まず目を見て、次に口元に焦点が行きます。その時間、わずか5秒。
第一印象はそんな短時間で決まってしまいます。
その為、口は目ほどに物をいうとも考えられます。
口元を見た時に、歯が人に与える印象はとても大きいものです。
歯が黄色いと人に与える印象は以下の通りです

  • 清潔感がなく、口が臭そう
  • 歯の手入れをしてなさそう
  • 黄色い歯を隠そうとしてか上手に笑えてない
  • 自分に自信がなさそう
  • どんなにイケメン(美人)でも歯が黄色いと付き合えない
  • 老けて見える

最初の5秒でこう思われてしまっては散々ですね。
また、『歯は白いものだ』というイメージを持っている人がほとんどです。
白いはずの歯が黄色いから余計に目がいってしまうのはそのためです。

しかし、実を言うと歯の色が生まれつき真っ白な人は少ないのです。
歯は、表面のエナメル質とその中にある象牙質、中心にある神経の3層構造になっています。
歯の汚れや歯垢などの変色となる原因物質は一番外側のエナメル質に付着します。
そのため、歯の黄ばみの原因はエナメル質の汚れが原因だと思いがちですが、
実は、歯の色はエナメル質の内側の象牙質の色が大きく関係しています
象牙質の色は真っ白ではなく乳白色ですが、その色には個人差があります。
エナメル質は半透明でできているので、象牙質の色がその人の歯の色ということになります。
完全な白でなくても、少しでも白くした方が印象が良いのは当たり前です。
どうして歯が黄色く変色してしまうのか考えてみましょう。
食事をすると、エナメル質に色素が付着していきます。
付着が進むと着色され変色してしまうのです。
特に色の濃い食べ物や、赤ワインやチョコに含まれているポリフェノール
お茶に含まれているタンニンやカテキンなども歯の変色を進めやすいと言われます。
黄色い歯が気になって歯磨き粉を付けた歯ブラシで念入りに力いっぱいみがいてしまうと、
エナメル質が傷ついて、逆に汚れがつきやすくなってしまいます。
市販されている歯磨き粉には研磨剤が含まれているものが多く、軽い力でも着色汚れを落としてくれます。
歯磨きをするときは表面と、歯と歯の間の歯垢を取るようにやさしくブラッシングすることを心掛けて下さい。
まんべんなく隅々まで磨きましょう。
歯垢が残るとプラークという汚れの原因になってしまい、石灰化して厄介な歯石にになってしまいます。

歯石は黄色く、目立ちやすいうえに歯ブラシでは落とすことができません。

歯石ができてしまったら歯医者さんで歯石クリーニングをしてもらわないと落ちません。

黄色くなる原因は食事や喫煙、歯磨きの仕方など日常生活の中で改善できるものも多いです。
歯の白さをキープして好印象もキープしちゃいましょう。

20170928_whitening-pop03

  • 記事作成者

    記事作成者:木下仁菜子

    木下仁菜子の経歴:20代の時に歯科医院の受付を経験。
    28の時に結婚し現在は主婦。息子1人。
    ホワイトニングは歯科医院の受付時代に勉強しました。
    現在でも歯のケアには気を付けています。

pagetop